7月19日の日本病院学会の一般演題「地域医療連携」では、民間病院が病診連携の様々な取り組みを報告した。患者の紹介元となる診療所の満足度を高めるための独自の工夫が披露され、注目を集めた。

ログインして全文を読む