7月17日、東京都江東区有明の東京ビッグサイトで第5回内視鏡的粘膜切除術研究会が開催された。テーマは「ESDの真価を問う」。最近の「内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)」への関心の高まりを反映してか、会場はかなりの盛況ぶり。出席者の間からは「年々参加者が増えているようだ」といった声も聞かれた。当番世話人を務めたのは自治医科大学消化器内科講師の山本博徳氏。

ログインして全文を読む