日米の40歳代男性を比較した研究の結果、潜在性動脈硬化は日本人の方が有意に少ないことが分かった。滋賀医科大学の上島弘嗣氏らが7月15日、ポスターセッションで発表した。

ログインして全文を読む