沖縄県は7月13日、インフルエンザ流行発生注意報を発令した。同県での夏場のインフルエンザ注意報発令は、過去16年間でも例がないという。全国における発生数は6月以降、定点当たり0.1人未満にとどまっており、沖縄県で突出した流行になっている。

ログインして全文を読む