「診察室での話が筒抜けになったり、カルテや検査結果を他の患者に見られるなど、個人情報の関連で嫌な思いをした」という経験を持つ患者は3割に上ることが、日経メディカルの個人情報保護に関する患者調査で明らかになった(図9、詳細は「調査概要」参照)。その割合は男女で大きく差があり、男性では16.5%であるのに対して、女性では39.4%に上った。

ログインして全文を読む