厚生労働省が進めている医療事故情報収集事業では、2004年10月以降2005年3月末までの半年間に、533件の報告があった。そのうち、事故の程度をみると、死亡例が83件、障害が残る可能性が高い例が74件、障害が残る可能性が低い例が254件などだった。

ログインして全文を読む