デンマークAarhus大学のPing Qin氏らは、227万人の住民を対象にした研究で、てんかん患者の統合失調症発症率が一般より高く、特に精神疾患の家族歴がリスクを大きく高めることを明らかにした。これは、遺伝的または環境的要因の関与を示唆する。詳細はBritish Medical Journal誌2005年7月5日号に報告された。

ログインして全文を読む