大手臨床検査会社のビー・エム・エル(BML)は、迅速で安価に遺伝子検査ができるインベーダー法を用いた薬物代謝酵素の遺伝子型判別キットを、体外診断薬として早ければ来年初めにも申請する。現在、臨床試験を実施している。

ログインして全文を読む