自殺未遂患者では、初回企図例で8割が、複数回企図例でも7割が睡眠不足を自覚していたことが分かった。日本医科大学の伊藤敬雄氏らの調査で明らかになったもので、7月1日、一般口演で発表した。

ログインして全文を読む