看護師330人を対象とする調査で、看護師らの睡眠と事故との関係の一端が明らかになった。ミスの発生に寄与する要因として、病棟勤務、強い眠気、精神的な健康度の低さなどがあがった。滋賀医科大学の今井眞氏が7月1日、一般口演で発表した。

ログインして全文を読む