流産を繰り返す夫婦に行われる主な検査の一つが、染色体検査だ。オランダAmsterdam大学のMaureen T M Franssen氏らは、染色体構造異常を保有する確率に影響する要因を探すコホート内症例対照研究を行い、複数の要因を組み合わせれば、染色体異常を持つリスクが低い夫婦を特定でき、検査を減らすことができることを明らかにした。詳細は、British Medical Journal誌電子版に2005年6月28日に報告された。

ログインして全文を読む