東南アジアは結核多発地域の一つ。免疫力が低下しているHIV患者では結核の発症率が高くなることから、HIV感染の蔓延により、さらに結核致死率が上昇しているといわれる。このため、神戸で開催されている第7回アジア・太平洋地域エイズ国際会議(7月1日〜5日)では、HIVと結核に関するセッションも多く設けられている。7月2日に開催された「結核とHIVの重複感染」セッションでは、タイの現状について報告があった。

HIV合併結核感染者、低いアドヒアランスが薬剤耐性を増加、タイの調査の画像

ログインして全文を読む