米国食品医薬品局(FDA)は7月1日、 成人への抗うつ薬投与に関する公衆衛生勧告(Public Health Advisory)を出したと発表した。これは、抗うつ薬の投与を受けている成人患者で自殺行動の危険性が高まる可能性が、複数の論文で報告されたためだ。

ログインして全文を読む