医学部の学生は平日に睡眠不足の状態で、そのため週末に長めの睡眠時間で補う傾向にあり、また、1割は日中の病的な眠気を自覚していることも分かった。秋田大学の武村尊生氏らが6月30日のポスターセッションで発表した。

ログインして全文を読む