大阪府は6月29日、大阪府立急性期・総合医療センターに開放病床を設置したと発表した。府立病院としては初の設置となる。開放病床は地域診療所のかかりつけ医に病床を開放し、医療センターの主治医とかかりつけ医が共同で治療に当たる仕組み。病院と診療所の連携(病診連携)を緊密にする狙いがある。

ログインして全文を読む