中央社会保険医療協議会の診療報酬基本問題小委員会は6月29日、制限回数を超えて行われる医療行為のうち、医療技術評価分科会が、「保険給付との併用を認めることが適当」と分類した28項目について、妥当かどうかの議論を行った。結局、同日は結論に至らず、今後、事務局が中身を吟味した上で、再度検討することになった。

ログインして全文を読む