大分県は6月28日、福祉施設3カ所で発生した腸管出血性大腸菌O-157の集団感染が終息したと発表した。6月20日までに検査陽性が判明した感染者は59人に上った。

ログインして全文を読む