東京都は6月23日、ノロウイルスによる食中毒が発生したと発表した。小学校の給食が原因で、患者は110人に上った。うち2人が入院したが、現在全員が回復しているという。ノロウイルスの流行期は通常、初冬から春先とされてきたが、大阪府では小学校などを中心としたノロウイルス集団発生が、昨年に引続き今年も5、6月に多発した。例年は少なくなる時期だが警戒は必要だ。

ログインして全文を読む