抗インフルエンザ薬として日本で広く普及しているタミフル(一般名:リン酸オセルタミビル)の供給元であるスイスHoffmann-La Roche社が製造を継続できなくなる可能性が出てきた。開発元である米Gilead Sciences社が6月23日、Roche社に対して、タミフルに関する開発、ライセンス契約の解消を通知したと発表したためだ。

ログインして全文を読む