「最も重症の急性散在性脳脊髄炎(ADEM)と日本脳炎ワクチン接種の因果関係が認定されたことから、過去のワクチン禍に対する判例を考慮して(接種の中止を)決めた」。厚生労働省健康局結核感染症課予防接種専門官の伯野春彦氏は、唐突とも見えた日本脳炎ワクチン接種の「積極的勧奨の差し控え」を同省が決めた背景についてこう語った。

ログインして全文を読む