大阪府は6月20日、催促を繰り返しても応じようとしない府立病院の診療費滞納者に対し、府としては初めて提訴に踏み切ると発表した。今年5月末現在、大阪府立の全5病院における滞納は1500件、2億5000万円に達しており、未収金回収は大きな課題になっていた。

ログインして全文を読む