5月半ばから6月にかけ、大阪府内の小学校や幼稚園、保育園などで、感染性胃腸炎の集団感染が相次いでいる。5月12日から6月10日までの約1カ月間に保健所などを通して大阪府が把握しているだけで16施設の684人が発症した(下表参照)。

ログインして全文を読む