高血圧と喫煙は、ニュージーランドAuckland大学のValery Feigin氏らは、アジア太平洋地域の居住者を対象に、くも膜下出血(SAH)発症と一般的な心血管リスク因子の関係を調べる大規模研究を行い、高血圧と喫煙がSAHリスクをそれぞれ2倍、2.4倍にすることを示した。著者たちによると、アジア太平洋地域におけるSAHのリスク因子を概観した大規模研究は、これまで行われていなかったという。詳細は、Stroke誌電子版に2005年6月2日に掲載された。

ログインして全文を読む