厚生労働省が取り組んでいるヒヤリ・ハット事例収集・分析事業(注)で、2004年5〜8月までに収集された1万4000例を超える記述情報の分析結果がこのほど公表された。それによると、与薬関連が40%ともっとも多く、転倒・転落も18%超だった。

ログインして全文を読む