武田薬品工業は5月30日、同社とアストラゼネカ社が共同で実施している、アンジオテンシン受容体拮抗薬カンデサルタン・シレキセチルの糖尿病網膜症に対する効果に関する大規模臨床試験「DIRECT(DIabetic REtinopathy Candesartan Trials)試験」に登録された全症例の被験者背景がThe Journal of the Renin Angiotensin Aldosterone Systemに掲載されたと発表した。

ログインして全文を読む