WHOの推算によると、活発な運動は乳癌の発症率を20〜40%減少させる。一方、乳癌診断時の肥満や診断後の体重増加は、生存率を低下させるという報告も多い。米Harvard大学Brigham and Women"s病院のMichelle D. Holmes氏らは、週に3〜5時間のウォーキングに相当する運動により、乳癌患者の死亡率が半減することを明らかにし、Journal of American Medical Association(JAMA)誌2005年5月25日号に報告した。

ログインして全文を読む