厚生労働省は5月20日、「厚生労働分野における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン等」を更新した。JR宝塚線の脱線事故で、安否確認の求めに対して医療機関側の対応にばらつきがあったため、「大規模災害や事故における対応」を新たに盛り込み、その中で、「大規模災害や事故時に病院は安否情報を提供できるのか?」との問いに対しては、「情報を提供すべき」とする省の見解を示した。

ログインして全文を読む