脊椎手術における術後感染予防の抗菌薬投与は、手術当日のみであっても、術後感染の発生率が増加しないことが分かった。函館中央病院(北海道函館市)院長の橋本友幸氏が、第78回日本整形外科学会学術総会で発表した。

ログインして全文を読む