英Radcliffe診療所に拠点を置くEarly Breast Cancer Trialists" Collaborative Group(EBCTCG)は、種々の補助全身療法が、早期乳癌患者の再発と死にどのような利益とリスクをもたらすかを、無作為割付試験データを分析する方法で、約20年にわたり追跡してきた。今回、診断から15年後までの分析結果をまとめ、Lancet誌2005年5月14日号に報告した。

ログインして全文を読む