がん患者支援団体のランス・アームストロング財団は、がん経験者を対象にしたアンケート調査結果を5月15日のポスターセッションで発表、がん患者の社会心理学的な悩みに主治医や病院が対応できていない現状を浮き彫りにした。

ログインして全文を読む