University of TrontoのNatalie Coburn氏は、米国では州によって胃がんの5年生存率に大きな格差があり、それがリンパ節切除率と大きな相関関係があるとの調査をまとめ、5月15日の一般口演で発表した。

ログインして全文を読む