看護師は、日常業務の中で針刺し事故のストレスにさらされている。血糖測定業務での針刺し事故や測定中の血液からの感染も大きなストレスの一つだが、安全性を高めた血糖測定用穿刺用具を導入することで、こうしたストレスを軽減する試みが広がっている。久留米大学病院もその一つで、同病院医療安全管理部の林千代香氏が、5月14日のポスターセッションで取り組みの成果を発表した。

ログインして全文を読む