血糖コントロール不良の2型糖尿病患者のうち、糖尿病罹病期間が短く未治療の患者では、超速効型インスリンを導入し、その後、経口薬に切り替えても良好な血糖コントロールが図れることが示された。5月12〜14日に開催された第48回日本糖尿病学会年次学術集会で、新古賀病院(福岡県久留米市)副院長で糖尿病内分泌内科の赤澤昭一氏が発表した。

ログインして全文を読む