米国臨床癌学会(ASCO)は学会メンバーの医師へのアンケートで、終末期医療(ターミナルケア)における患者とのコミュニケーションの現状を明らかにした。多くの患者が自分の余命の長さに関して誤解をしており、医師の患者への余命の伝え方に改善の余地があることが分かった。

ログインして全文を読む