Goethe大学のOttmann氏らが、新規の白血病分子標的治療薬AMN107に関する用量設定試験の結果を報告した。AMN107は、イマチニブと同様の創薬コンセプトで合成された選択的Bcr-Ablチロシンキナーゼ阻害薬(経口投与)であり、イマチニブ耐性白血病などを対象に試験された結果、優れた効果と安全性が示された。本演題は、5月16日のポスターセッションで発表された。

ログインして全文を読む