人口の高齢化とともに、西欧諸国では、変形性股関節症(OA)の発症率が上昇している。オランダErasmus Medical CenterのMax Reijman氏らは、OAが進行しやすいハイリスク患者の同定に有用な変数を探すためのコホート研究を行い、Kellgren/Lawrence(KL)スコアが強力な予測因子であることを明らかにした。詳細はBritish Medical Journal誌電子版に2005年5月13日に報告された。

ログインして全文を読む