米国で医療保険に加入している女性の80〜86%が子宮頸癌検査を定期的に受けているが、保険加入者で子宮頸癌を発症した人の半数以上は、検診を受けていなかったという。米国最大の非営利HMO(会員制健康維持組織)であるKaiser PermanenteのWendy A. Leyden氏らは、癌の予防と治療の有効性を高める目的で進めている研究の詳細をJournal of the National Cancer Institute誌2005年5月4日号に報告した。

ログインして全文を読む