終末期患者に対するオピオイド投与によって、重度の便秘が発現することがある。こうした症例に対して、抗オピオイド薬のメチルナルトレキソン(MNTX)を投与すると、約6割の人で4時間以内に便通がみられることがわかった。これは、メチルナルトレキソンの第3相臨床試験の結果で、米San Diego HospiceのJay Thomas氏らが、5月17日の一般口演で発表した。本演題はLate Breaking Abstractに選ばれている。オピオイド誘発性の便秘は終末期患者のケアにおいて大きな課題であるため、会場の医師からはMNTXのできるだけ早い承認を望む声が上がった。

ログインして全文を読む