経口糖尿病薬を服用している患者では、薬剤名と作用の理解度が高いほど薬の飲み忘れが少ない傾向にあることが、服薬遵守に関する意識調査で分かった。金丸内科クリニックの初鹿由香氏らが5月14日のポスターセッションで発表した。

ログインして全文を読む