外来でのインスリン治療は、非インスリン治療に比べて多くの人的資源と時間を要するため、現行の診療が決して高すぎないことが示唆された。5月12〜14日に開催された第48回日本糖尿病学会年次学術集会のポスターセッションで、大石内科クリニック(京都市伏見区)院長の大石まり子氏が発表した。

ログインして全文を読む