米国の主要学会では、年次学術集会で会長の座を引き継ぐのが通例、2004〜2005年度のASCO会長であるDavid Johnson氏は5月15日に任期を締めくくる会長講演を行い、医療保険償還、新薬開発承認の促進、研究資金調達、倫理問題など、社会的な問題に力を注ぐ必要性を会場を埋めた会員医師に強く訴えた。以下に講演の要点をまとめた。(MedWave)

ログインして全文を読む