米M.D.Anderson Cancer Centerと米国立がん研究所(NCI)の研究グループは、血管新生を抑制する抗体医薬ベバシツマブが、消化管カルチノイド腫瘍患者の無増悪生存期間(PFS)を延長することができたとの研究成果をまとめ、5月15日の一般口演で報告した。

ログインして全文を読む