GIST患者にイマチニブ投与を開始した直後から、PETによる観察で腫瘍への18F-fluorodeoxyglucose(FDG)の取り込み低下を認めることがある。FDGの取り込み低下は、細胞の糖代謝抑制を反映する所見であり、一般的には腫瘍の悪性度や細胞活性と相関するとされている。MD Anderson Cancer CenterのJohnathan C. Trent氏らは、イマチニブ投与によってFDG取り込み低下を来たしたGISTの腫瘍部位に、早期から血流パラメータの低下と微小血管密度の減少があることを発見、5月14日の総合教育セッションで報告した。

ログインして全文を読む