切除不能、または転移を認めるGIST症例に対するイマチニブの臨床効果は、国内外において様々に検討されており、多くの知見が蓄積されている。それに対して、GISTの術後補助療法にイマチニブを用いた検討は少なく、現在のところACOSOGで2つ、EORTCで1つの臨床試験を数えるのみである。本演題は、その一つであるACOSOG Z9000試験(現在進行中)における副作用などの報告である。400mg/日という日本と同等の投与量において、術後補助療法1年間の良好な安全性が示された。5月14日の一般口演でRonald P. Dematteo氏が発表した。

ログインして全文を読む