米国食品医薬品局(FDA)は5月5日、パーキンソン病の治療薬であるRequip(一般名:ropinirole)を、下肢静止不能症候群(RLS)の治療に適応拡大した。RLSは、静かに座っている時や睡眠時になどに足を動かさずにはいられなくなる病気で、FDAによると、人口の約10%の人がこうした症状に悩まされているという。

ログインして全文を読む