東京医科歯科大学に今年4月に新設された薬害監視学(ファーマコビジランス)講座の設立記念シンポジウムが、5月9日に都内で開かれた。同講座は田辺製薬の寄付講座。生物学的製剤を使用する関節リウマチ患者の登録システム(REAL)を立ち上げ、重篤な有害事象に焦点を当てた疫学研究を行う。

ログインして全文を読む