米国内科学会(ACP)のVincenza Snow氏らは、肥満患者に対する薬物療法および外科的治療のガイドラインをAnnals of Internal Medicine誌2005年4月5日号に報告した。全患者に食事療法と運動指導の実施を求めており、なお未達成の患者に対する薬物療法の適用を、またBMI=40以上の高度肥満者に対し、一定の条件下で外科的治療の適用を勧告している。

ログインして全文を読む