がん診療体制の均てん化を図るため、抗がん剤を使いこなせる専門医を育成することが急務となっているが、懸案であった2つのがん専門医制度の一本化が動き出した。4月13日、全国がん(成人病)センター協議会・教育委員長の土屋了介氏(国立がんセンター中央病院副院長)の仲裁で、日本医学界会長の高久史麿氏立会いの下で、日本臨床腫瘍学会理事長の西條長宏氏(写真上)と日本癌治療学会理事長の北島政樹氏(写真下)が面談し、制度の一本化を図っていくことに基本的に合意した。今後も話し合いの場を設け、全がん協が一本化案を取りまとめて日本医学界に報告する形で調整が進められる。がん専門医を巡る動きについて、以下に日経メディカル

がん専門医制度、一本化へ、“犬猿”の2学会が歩み寄りの画像

ログインして全文を読む