新薬が世の中に出るためには、患者を被験者とする臨床試験(治験)が不可欠だ。1998年に治験を実施するためのルール(GCP)が現行方式に改められて以後、治験の届け出が減り、新薬がなかなか臨床現場で使えるようにならないという問題点が、従来からたびたび指摘されてきた。

ログインして全文を読む