癌の治療などに用いられる「電気穿孔法」によって、抗リウマチ薬メトトレキサート(MTX)の抗炎症効果を局所的に増強できることが、動物実験で確認された。大阪市立大学大学院医学研究科整形外科学の多田昌弘氏は4月20日のポスターセッションで発表した。

ログインして全文を読む